カードローンJokerでは、カードローンの申込方法や、大手銀行のカードローン、消費者金融のカードローン、信販会社のカードローン、そしてカードローンに関する予備知識などをお送りしていきます。


カードローンの申込方法

金融機関からの借り入れの方法で一番気軽のものはカードローンではないでしょうか。 理由も返済も自由にできて、しかも毎月の返済額は元本のほんの一部でいいわけですから、支払が苦しい時でも安心です。もちろん、余裕があれば早目に返済すれば利息も減ります。

カードローンの申込方法はどの金融機関でもWEB申込が多くなりました。スマホからでも申込ができるので、朝の通勤電車の中でも可能です。自宅で朝の忙しい時間帯で申込の入力をするのは現実的ではありませんが、通勤電車の中ならできないことはありません。

ただし、WEBでの申込は誤入力に気を付ける必要があります。特に自分の住所氏名などは、金融機関が審査の際に利用する信用情報機関への照会の際に利用するキーワードになりますから、間違えるとエラーになり審査が進まない可能性があります。

また、以前のように店舗での申込も可能です。最近は店員さんがいる店舗が減り、無人店舗が多くなっているのですが、その場合でも店員さんと電話で会話をしながら申込手続きを進めることができます。WEBの申込は一方通行になりがちですが、店舗での申込であれば問題があればすぐに店員さんのサポートがあるため安心です。

いずれにせよ、申込書の提出や送信は金融機関に対する「履歴書」の提出と同じことです。作成したら一度見直してから提出や送信をした方が賢明です。ちょっとした間違いで審査が遅れたり落とされたりしたらたまりません。


カードローンの審査はほとんど即日完了

消費者金融や銀行のカードローンはその日のうちに審査が終わることが多いです。なぜなら審査をコンピューターでしており、最終チェック以外は人の手が介入していないためです。審査に欠かせない信用情報機関のデータも電子データなのでコンピューター審査にはドンピシャで合うのです。

そのため、スピードが速いと言われる消費者金融では30分ほどで審査が終了します。ほとんどの消費者金融は審査スピードを重視しているため、1時間以内に審査結果が出ることがほとんどです。銀行の一部も同様の審査スピードで審査結果を出してくれます。

このように審査スピードは速いのですが、審査がいい加減というわけではありません。消費者金融の審査プログラムは今までのノウハウの塊と言われており、各種の統計から年齢や職業からおおよその収入を推測することもできます。コンピューター化により、人の目で審査をするより正確に審査が進んでいるのです。

しかし、審査プログラムも申込書に矛盾があると対応できません。先程、申込書に間違いがあると審査が進まない可能性があると書きましたが、これは信用情報機関へ照会しても該当する人が出てこない場合があるためです。

信用情報機関に支払遅延のデータが登録されていると、俗に言いうブラックリストになるため他人に成りすまそうと意図的に「間違える」人も少なくないので、この際は消費者金融などの担当者が直接確認の電話をしてくることがあります。この場合、当然審査手続きが遅れるので、即日審査ができない可能性があります。

すぐに借りたいという人は即日融資

消費者金融のカードローンを利用しようという人は、その日にどうしても借りたいという人が少なくありません。そのようなニーズに応えているのが最近はやりの即日融資です。

極論ですが、消費者金融は審査が終われば事実上お金を貸せるのです。コンピューター審査の結果を「仮審査」という名称で呼んでいることもありますが、事実上これで融資限度額などは確定しているので、あとは職場への在籍確認や運転免許証などの本人確認をすればいいのです。

つまり、即日審査ができていれば即日融資も自動的にできるのです。最近の大手消費者金融や銀行は無人機店舗でローンカードを発行することができます。場合によっては夜の10時までカード発呼行が可能なケースもありますし、無人機店舗にはたいてい店舗ATMが併設されているので、そのままキャッシングが可能です。即日融資は一般的に考えられているほど難しいものではないのです。

ただし、即日融資を振込の形でしてほしい場合は話が変わります。まず、銀行のカードローンは、基本的に自行の口座にしか振込をしてくれませんから注意が必要です。また、銀行口座への振込は一部のネット銀行を除いて平日の午後3時がリミットです。この午後3時というのは振込手続を銀行が実施する時間帯ですから、実際にはもう少し早めに契約手続まで終了している必要があります。

そのため、振込の方法で即日融資を望むのであれば申込手続自体を早めにする必要があります。クレジットカードなどの引落金額が足らないので即日融資を望むのであれば、ローンカードを発行してもらってキャッシングをして自分の口座に入金している余裕がない人も多いでしょう。

この場合、せめて前日の夜にWEBから申込入力をして、消費者金融などに送信をすると安心です。

即日融資できる消費者金融で人気なのがアコムです。アコムは30日間無利息サービスがあるのが大きな特徴です。


カードローンの審査に落ちる人の理由

消費者金融や銀行のカードローンは、審査で落とすことが目的ではありませんので、必要以上に審査で落ちるのではないかと心配することはありません。しかし、落とすべき人は確実に落とすのが審査です。

まず、信用情報機関に支払遅延や債務整理などの履歴がある人は確実に落とされます。この履歴が確認された時点で審査はストップしますから審査に通る見込みはないのです。 また、消費者金融の場合は貸金業法で収入の3分の1以上の貸付をしてはいけないと規定されています。そのため他の消費者金融などで借入をしている場合は「法律上の限度オーバー」になって借りることはできません。

ちなみにこの限度計算にはクレジットカードのキャッシング枠も入ります。収入が少ない方は、このキャッシング枠がカードローン審査の足かせになっていることがありますから注意が必要です。

これらの理由は、自分でもある程度「落とされる理由」がわかるのですが、他にも理由はあります。 案外多いのが、クレジットカードのリボ払いが多い人です。 クレジットカードのリボ払いは、分割払いという意識で買い物をしている人も多いでしょうが、審査では「お金を借りている」という定義で判断されることが多いです。つまり、リボ払いが多い人は、審査に落とされなくても融資限度額が削られる可能性が高いのです。

また、リボ払い残高が段々と増加している人は「支払が苦しい人」だという事もわかります。統計的にこのような人は支払不能などになることが多いため、審査では落とされてしまうことが多いのです。

このページを作成するのに参考にしたサイト
楽天銀行カードローン
カードローン審査ナビ24時間申込みOK一覧
キャッシング・カードローンの活用法

メニュー